くにもとライフサポートクリニック

神奈川県横浜市港北区 内科・神経内科・リハビリテーション科 一般外来と訪問診療を中心とし、通所リハビリエリアも充実した広さも確保した新規開業事例
こちらの先生は訪問診療を得意として開業したいと希望がありました。患者さんは老人が多いと予測していましたので両側介助もできる車椅子トイレの設置や治療だけではなく
予防医療としたいとのことで施設基準が取れる45㎡以上を確保したリハビリテーション室を作りました。
      

関連実績

  1. いなば耳鼻咽喉科クリニック

    取手駅前の医療ビルで内科の閉院の場所で耳鼻咽喉科の新規開業したいとご要望がありました。動線の見直し等含め使えるもの選別等のリニューアル設計をしました。インテリアデザインはストリーム社が担当しました。一部学生さんの壁面絵画も採用し稲葉先生の輸入した家具等も相まってハイグレードデザインなクリニックのオープンとなりました。

  2. こしがや通所リハビリ施設新装リフォーム工事(通所リハビリ新規開業)

    埼玉県越谷市(通所リハビリテーション)こしがや脳神経外科様の2階部分に通所リハビリステーションめぐみを新規オープンした事例。その後利用者さんも順調に増えて更に増設した事例

  3. 磯部クリニック及ソーシン薬局新装工事

    地域医療を担ってきた磯部クリニックさんの先代院長先生の後継で現在の平井院長先生からリニューアルの相談を受けました。 問題点として院内処方と消化器内科としての動線の見直し等が課題でした。第一種低層住居専用地域内にあるため調剤薬局は原則建てられない地域でしたが建築審査会に一度相談して正攻法にて建築許可出来ないか?と何度も相模原市に足を運んだ結果、地域住民への公聴会を開催念願の建築許可書を取得しました。その後クリニックの一部を院外薬局としたフルリフォームして独立施設として実現できました。

  4. クリニック寺尾リニューアル工事(クリニックリフォーム)

    神奈川県横浜市鶴見区(内科、小児科)元々有床診療所として開業されていました。外来はスリッパの履き替えとしていましたが患者数の増加に伴い入口が患者のくつで 入りずらく段差もあり、患者のスムーズな流れの確保と待合スペースの見直しにより更なる増患と安全対策をした実例

  5. わかば薬局若葉駅前店移転新装工事

    東武東上線若葉駅前のわかば薬局様がいい物件が見つかったため若葉駅前クリニック様と共に場所を変える移転新装工事となりました。厚生局の届出は近隣移転のため、遡及扱いが可能となりました。

  6. いたくら乳腺クリニック全面リニューアル工事(サテライト新規開業)

    医療法人弘仁会いたくら乳腺クリニック新装工事  既存の芝山診療所の閉院に伴う築40年以上の鉄筋コンクリート造の内部全面撤去して乳腺クリニックのサテライト新規開業クリニックとして生まれ変わるための工事となりまし た。 問題点としてはコンクリート壁構造の為撤去出来ない壁等考慮し、最大限乳腺内科としての患者とスタッフ動線等を配慮しました。 又外部駐車場が少ないために樹木を撤去し、駐車場の確保と外部看板も大型化して新設し道路からの視認性も高めました。 入口は自動ドアとして、段差も解消するスロープも設置し、完全バリアフリー化を目指しました。

ページ上部へ戻る