ドクター松井クリニックリニューアル新装工事


処置室です。天井には無影灯用の鉄骨補強を入れ200kg位の重さに耐えられるようにしました。


待合からの中待ちです。床は薄めの木目の塩ビ系のシートを張り腰壁は濃いめの木目の壁紙を選定してインテリアデザインとしました。人口樹木を配置することによりナチュラルテイストな空間となりました。


メイン入口です。
分かりずらいのですがこのビルはエレベーターを降りると目の前の形の先端が三角状になっていて受付カウンターもアール状の形状としました。
左の壁とカウンターの壁は本物のタイルを張り、さりげない高級感をだしました。
天井は圧迫感が無いように折り上げ天井とし間接照明をいれ暖色系のダウンライトを併せて配置しました。


先端部分の待合です。患者さんのプライバシーに配慮したカウンターを設置した配置にしました。イスの区切りをロートアイアンをポイントにいれ、解放感と患者さん同士の独立した空間を確保しました。
外部窓部分も鋳物のロートアイアンと人口樹木を配置しナチュラルテイストデザインのコンセプトを目指しました。


受付カウンターです。本物の凹凸があるモザイクタイルを張り2段カウンターとする事でハンドバックが置ける配慮をしました。
天井は圧迫感が無いように折り上げ天井とし間接照明をいれ暖色系のダウンライトを併せて配置しました。


既存のエレベーターです。表面がずいぶんくたびれた状態でしたのでダイノックシートを張り蘇りました。


受付カウンターの後ろ側も全面窓があり非常に明るい解放感があります。


エレベーターホール兼受付です。この面は本物の白いタイルを張りました。


受付からみたところです。待合患者さんとプライバシーを保つため目線が隠れる程度のすりガラスとしました。


中待ち的な廊下ホールです。木目状のルーバーをふんだんに使いました。


中待合からみた廊下ホールです。


施術室です。床は汚のれやすいので濃い木目状の塩ビシートとしました。


中待合室です。全て個室となっています。患者さんは受付後ここでスタッフさんとのヒヤリングをします。


施術室です。複数配置し各室ともに施術後のチェックがその場でできるように洗面と鏡を設置してあります。


受付からみた廊下ホールです。


中廊下部分です。両側は部屋があり暗くなりがちなので間接照明とし暗さと閉塞感を消しました。


廊下にあるパウダーコーナーです。大き目のかがみをつけ、洗面カウンターの右側にはダスト口をつけ清潔感を保ちました。
ブラケット照明で狭い場所でもさりげない立派な空間を目指しました。


別なパウダールームです。更に引戸を設置した個室としてゆっくりメイクできます。


患者さん用トイレです。ここにも手洗いとカガミをつけました。


別な中廊下です。


中待合室2です。隣の部屋ととびらで仕切っていて開けて使うと広く使える設計としました。

関連実績

  1. わかば薬局若葉駅前店移転新装工事

    東武東上線若葉駅前の調剤薬局様が若葉駅前クリニック様の移転に伴い分譲マンション1階に移転した事例

  2. こしがや胃腸内科・皮膚科

    こしがや胃腸科内科・皮膚科リフォーム新装工事(埼玉県越谷市)消化器内科・胃腸内科・皮膚科

  3. クリニック寺尾リニューアル工事(クリニックリフォーム)

    神奈川県横浜市鶴見区(内科、小児科)元々有床診療所として開業されていました。外来はスリッパの履き替えとしていましたが患者数の増加に伴い入口が患者のくつで 入りずらく段差もあり、患者のスムーズな流れの確保と待合スペースの見直しにより更なる増患と安全対策をした実例

  4. こしがや通所リハビリ施設新装リフォーム工事(通所リハビリ新規開業)

    埼玉県越谷市(通所リハビリテーション)こしがや脳神経外科様の2階部分に通所リハビリステーションめぐみを新規オープンした事例。その後利用者さんも順調に増えて更に増設した事例

  5. 八王子糖尿病内科クリニック(内科新規開業)

    東京都八王子市(内科・糖尿病内科)糖尿病予防のための新規開業事例で受付から検査~診察までの動線を回廊型とし、患者動線とスタッフ動線を明快に実現できた事例

  6. 児玉中央病院エレベーター棟増築工事(病院リニューアルリノベーション)

    救急患者さんも受け入れている地域密着型の病院でありながら2階にも病室があるにもかかわらずエレベーターが無く病室の稼働率が非常に悪い状態を熊谷安全センターと約2年近く交渉協議を行った結果エレベーター棟設置し、検査済証の取得が実現した

ページ上部へ戻る