児玉中央病院エレベーター棟増築工事(病院リニューアルリノベーション)

・埼玉県本庄市児玉町
・内科・外科・整形外科・形成外科・消化器外科・泌尿器科・脳神経外科
・55床
・既存延床面積:1600.61㎡(484.18坪)
・増築面積  : 40.38㎡(12.21坪)
・設計監理:パンダ設計
・施  工:(株)塚本工務店

リニューアルの概要
医療法人益子会益子理事長兼院長先生と相談を受けた時の困っている内容として
救急患者さんも受け入れている地域密着型の病院でありながら2階にも病室があるにもかかわらずエレベーターが無く病室の稼働率が非常に悪くエレベーターが何とか付けられないか?いろんな業者に相談したが増築申請が出来ず建替えしかないという現状をお聞きしました。
早速調べてみると児玉中央病院の歴史は古く過去増築を繰り返していて確認申請や検査を受けてるか不明な部分等もあり、まずは既存の遵法性のチェックから始まった。この現況図を基に熊谷安全センターに出向き相談と交渉を約2年近く行った結果既存不適格調書(添付図面資料は莫大でしたが・・・)の提出により増築申請を認めましょうとの回答をいただき今回のエレベーター設置が実現しました。その年の忘年会で益子院長先生からスタッフ全員にこの先生のお陰で2階の病床も使えるようになって本当に感謝してますとねぎらいのお言葉をいただき本当にリニューアルの実績と経験をしていてよかったと痛感しました


既存病院全景


病院増築前

増築後外観

増築後外観2


病院廊下増築前


増築後エレベーター棟2階ホール


増築後エレベーター棟2階ホール


増築後エレベーター棟1階ホール


リニューアル後外来障害者用トイレです


既存病棟内の洗面所からリニューアル後の病棟内障害者用トイレです

関連実績

  1. いなば耳鼻咽喉科クリニック

    取手駅前の医療ビルで内科の閉院の場所で耳鼻咽喉科の新規開業したいとご要望がありました。動線の見直し等含め使えるもの選別等のリニューアル設計をしました。インテリアデザインはストリーム社が担当しました。一部学生さんの壁面絵画も採用し稲葉先生の輸入した家具等も相まってハイグレードデザインなクリニックのオープンとなりました。

  2. 磯部クリニック及ソーシン薬局新装工事

    地域医療を担ってきた磯部クリニックさんの先代院長先生の後継で現在の平井院長先生からリニューアルの相談を受けました。 問題点として院内処方と消化器内科としての動線の見直し等が課題でした。第一種低層住居専用地域内にあるため調剤薬局は原則建てられない地域でしたが建築審査会に一度相談して正攻法にて建築許可出来ないか?と何度も相模原市に足を運んだ結果、地域住民への公聴会を開催念願の建築許可書を取得しました。その後クリニックの一部を院外薬局としたフルリフォームして独立施設として実現できました。

  3. クリニック寺尾リニューアル工事(クリニックリフォーム)

    神奈川県横浜市鶴見区(内科、小児科)元々有床診療所として開業されていました。外来はスリッパの履き替えとしていましたが患者数の増加に伴い入口が患者のくつで 入りずらく段差もあり、患者のスムーズな流れの確保と待合スペースの見直しにより更なる増患と安全対策をした実例

  4. 八王子糖尿病内科クリニック(内科新規開業)

    東京都八王子市(内科・糖尿病内科)糖尿病予防のための新規開業事例で受付から検査~診察までの動線を回廊型とし、患者動線とスタッフ動線を明快に実現できた事例

  5. 三鷹第一クリニック外来リニューアル工事

    有床診療所から外来専門クリニックとしてましたが乳腺専門外来新規診療として充実したいとの要望をいただき旧病棟部分を撤去し動線も見直し全面リニューアル設計となり宇井院長はじめスタッフと工事会議を定期的に行い無事オープン出来ました。外部雨漏り等の修繕工事も併せて外装や看板もリニューアル出来ました。 https://www.keijin-kai.or.jp/daiichi_hp/

  6. まえだクリニック新装リフォーム工事(内科新規開業)

    埼玉県日高市 内科・循環器内科 西武池袋線高麗駅近の既存のショッピングモールの一部を新規開業した事例

ページ上部へ戻る