益岡医院移転新築工事(継承新築)


現地周辺は畑が多く、土ほこりが多い場所なので窓を開けなくても明るさを確保したいという事
と土ほこりが極力たまらないようにしてほしいとの要望で雁行した片流れ屋根としました


県道からの駐車場入口巾を広く取り又道路の見通しをよくするため、接道部分の植栽を
低く設計し、出入りの安全を確保しました

2階のスタッフ休憩室はハイサイド窓を多く設け、日中は電気をつけず過ごせる設計としました。

診察室です。患者入口は全て自閉式の引戸としました

小便器とオストメイト設備も設置した余裕のある車椅子用トイレです


ガラス屋根の車寄せを設置し、車2台がすれ違える巾を確保しました。
又最近多い高齢ドライバーによる接触事故等に耐えるため鉄骨造とし、
腰壁部分は更にコンクリートで保護した設計としました。
更にクリニック本体構造とも縁を切り、独立した構造設計としました

関連実績

  1. 須藤眼科(眼科新規開業)

    茨城県下妻市の土地に2区画に分け歯科医院といっしょに新規開業した眼科事例

  2. 中川医院リニューアル建替新築工事

    埼玉県東松山市(内科・循環器内科) 大先生から若先生への継承により仮設診療所にて診察を止めずに建替えした

  3. 田辺医院

    標榜科目) 内科・放射線科 所在地) 神奈川県川崎市

  4. あまのメディカルクリニック新築工事

    埼玉県蓮田市(内科、呼吸器内科) X線とCTを導入し、ドクターの専門性を生かしたプランニングが可能となった新規開業事例

  5. 磯貝医院 リニューアル建替新築工事

    埼玉県朝霞市 内科・循環器内科 大先生から若先生へ継承するにあたり、老朽化とバリアフリーに対応するため敷地内に仮診療所を作り診療を止めずにリニューアル新築建替した事例

  6. あべクリニック移転新築工事

    あべクリニック様は既存賃貸にて診療していましたが契約期限満了に伴い駐車場がある程度取れる候補地が中々見つからず1年後に阿部院長から連絡をいただき移転新築設計が始まりました。バリアフリー化、断熱性能の向上等がご要望でした。施工会社は3社相見積を取りパンダ設計にて見積精査をした結果地元の新成さんに決定しました。

ページ上部へ戻る